五線譜1

         GAP HISTORY

1980年頃〜 MASA と SHARTO がBANDは別だが同じSTUDIOを
使用していて、BAND同士が仲良くなり一緒にLIVEをやっていた


1988年頃      共にLIVE活動が盛んだったが、STUDIOでセッションをする事が
何度かあった時に一緒にBANDを作ろうと言う企画から始まった
 
1991年6月 MASAが以前3年間一緒にやっていたドラマーSHIGEMI 
3人でBAND結成。 ヴォーカリストとして、SHIGEMIの
BAND仲間のTAZAKI が加入して
初代 GENERATION GAP が誕生した

1992年1月 オリジナルも何曲か完成し LIVEを中心に活動が始まる

1992年9月 本八幡 ROUTE FOURTEEN でデビューLIVE

1993年2月 ヴォーカルの TAZAKIが自分のBANDとの掛け持ちが困難となり脱退

1993年6月 3人で活動し、2度目の LIVE を行なった。観客の乗りは最高だった。

1993年8月 ヴォーカリストとしてSHIGEMI の BAND仲間の MAKOTO が加入し、
4人で再スタートを切る・・・

1994年1月 昨年8月から5本の LIVE を行なった後 LIVEHOUSEから
 オムニバスCD発売の依頼が来る。

1994年3月 CDレコーディング開始

1994年6月 CD発売 (同時に発売記念LIVEも行なう)

1994年7月 島村楽器主催のBANDフェスティバルの決勝進出大会で グランプリ受賞。
 決勝大会へ
!!

1994年7月 2000人収容の大ホールで決勝大会BANDは惜しくもグランプリを逃したが、
 SHARTO が最優秀
ベーシスト賞を受賞
            
1994年−1995年に 12回 LIVEを行ない知名度が高くなって来た。


1996年4月 千葉の老舗BAND ザ・ギャザース のCD発売記念GIGに出演

1996年4月 ヴォーカリストの MAKOTO が一身上の都合により脱退

1996年6月 MASAの古くからのBAND仲間の YOSHIKAZU が
 ヴォーカリストとして加入


1996年9月 新メンバーとして3回目のLIVEの直前、ドラマーのSHIGEMIが
  一身上の都合により脱退が決定、
  次回(10月)のLIVEで
BANDを一時解散しようと、
   LAST LIVEを行なった。

       90分間完全燃焼のLIVEだった


1997年1月 SHARTO と MASA で 新バンドを作る為,企画を開始した。

1997年8月 ドラマーには、MASA が以前一緒にやっていた JUNを
 ヴォーカリストには、Joke’d Kiss のジーンこと TOSHIを迎えて

現在の 第五期 G−GAPの誕生である

1997年11月 新メンバーでの初LIVEを行なう。今までのGAPとは、ガラリと変わり
 観客との一体感のあるステージングになった事が。

 受けて観客動員も好調なすべりだしだ・・・・
 また、JUNが2バスのドラマーの為、今までよりもパワー&ヘビーな
 サウンドとなりそれに伴ってTOSHIのヴォーカルパフォーマンスも
 見逃せない!!バンドが大きく変わった!!


1998年5月 このLIVEでは動員数がライブハウスの上半期第4位となった。

1998年8月  このLIVEの5日前、ドラマーの JUNが右上腕部を骨折し、
 LIVE出演不可となってしまったが。
 半分をアンプラグドで、半分は Joke'd Kiss のドラマーと
 ギタリストがサポートで加入して無事に盛り上がるステージを
 終わることができた。

         
感謝・感謝!!

 また、この時のアンプラクドでやったオリジナル曲が
  また違った感じで仕上がっていてとても好評だった。ありがとう・・・
 
     
また、いつか LIVE で演奏するよ!!

1999年5月 JUNが骨折から復活後の初LIVE 新メンバーで初の新曲 STAYを発表。
 この日の観客は100人を超えた。

1999年9月 新曲 KISS ME を発表
 
1999年11月 初の企画 GAP THE ORIGINAL という最近LIVEで演奏しなかった
  オリジナル曲を中心にSET LISTが組まれたステージであり、
  99年度を締めくくるにふさわしい盛り上がったSHOWでした。
  そして2000年度に向けて新曲の製作に取り掛かった。


2000年8月 2000年のSTART LIVEが始まった。
2000年度最初の新曲
 
FOUR MAN を発表。
LIVEHOUSEの店長から絶賛を頂いた。
この曲はジャーマネHがメンバー4人の事を書き下ろした歌詞に
MASAが曲をつけ完成した曲であり、
今までのGAPには無い新たなイメージの曲に仕上がっている。


2000年10月 千葉 ANGA で、ジャーマネHのバンド”ROSEMARY”
MASAの仲間のBANDで千葉では古くから活動している
”THE GARAGE”との3バンドでの企画による、貸切LIVEを開催した。
何とこのLIVEでは、150人以上の動員があり、LIVEHOUSEが
パンク状態となり一時会場がパニックになったが、大盛況で終わる事ができた。

”ROSEMARY”では、MASAがギター、JUNがドラム、
TOSHIがベースを担当し、MASAの古くからの仲間のATSU
がギターで参加し、ジャーマネHがヴォーカル&キーボードで
結成したプロジェクトユニットバンドであったのだ!!


2001年2月 千葉 ANGAで21世紀初LIVE(11日)を行う。久々のオープニングを勤める
2001年7月 TOSHIが結婚しWEDDING LIVEにてGAPがオープニングアクトを勤める。

2001年8月 11日のANGAでのLIVEが”PICK UP”で紹介される。この日のLIVEも
 大入り。


2001年9月 MASAの友人のBAND★BOSS★にMASA(Ds)とSHARTO(B)で参加
  
5年ぶりの復活LIVEがサードステージ120分のワンマンライブとなった。


2001年11月 1年3ヶ月振りでサードステージでLIVE、ここからGAP10周年記念LIVE」
 を3ヶ月連続で本八幡⇒千葉⇒新宿と敢行する。


2001年12月 16日には2001年度の締めくくりをANGAで行い、「トリ」で出演、超満員の盛り
 上がったステージで2001年を締めくくった。


2002年1月 13日には2002年のSTARTは初の東京進出において、OPENしたばかりの
「新宿MARZ」でGAP企画でのイベントとが開催され、
THE DGR、TAXI DRIVER、幕ノ内
とGAP仲間での盛り上がるLIVEとなった。
GAPは「トリ」で出演した。


2002年4月 3rd STAGE時代からお世話になっている鍋島氏のプロデュースにより
J-CITY-ROLLERS
との競演が実現、GAPは「トリ」で出演。


2002年6月 29日にJURASSIC PARKとの初競演でのLIVEが行われた。GAPは「トリ」
で出演し大盛況となりANGAで初のアンコールを行い60分の熱いステージと
なった。この日にANGAよりGAPの企画イベントを開催しようと話が来た。


2002年10月 19日にGAP企画イベントのGAP PRESENTS 「MANIAC NIGHT VOL.T」
が開催され、★BOSS★、BAD TRANS、幕ノ内との競演が実現! 
MASAとSHARTOは
★BOSS★にも兼任で出演した。GAPは「トリ」出演し
この日もアンコールを行い観客動員、ステージ内容ともに過去最高の評価を頂いた。
この日は新曲
「HURRICANE」を発表した。

2003年1月 2003年のスタートLIVEもANGAで行った。この日に10月に行った
「MANIAC NIGHT」の第2弾を5月に行う事が決定した。


2003年5月 24日にGAP企画イベントの「MANIAC NIGHT VOL.U」が開催
前回出演の、
「★BOSS★」「幕ノ内」に加えて「Jurassic Park」
が参加
GAPはトリで出演しアンコールでは
「Joke'd KISS」との共演も実現した。
このイベントは今後もANGAで定期的に行う事が決定!!
この日はVOL.Tの時以上に観客動員も多く盛り上がる事が出来た。
LIVE後の打上げもANGAで行い出演者&観客共に盛り上がった宴だった。
尚、この日に新生GAPになってから初のCDを発表し「STAY」、「KISS ME」が
収録された2曲入りの「MANIAC NIGHT限定CD」を無料配布した。


2003年8月 ANGA企画の「大人の宴〜1Hスペシャル」に出演、「トリ」を勤めた。
この日も大入りとなり
MANIAC NIGHT VolVが12月に行う事が決定した。

2003年11月 ANGAが移転しリニューアルオープンのこけらおとしの日に出演、ANGAの
オーナーのバンド「サタディナイトポーカーズ」との競演が実現した。

2003年12月 13日にGAP企画「MANIAC NIGHT VOL.V」が開催、
3回連続出演の「★BOSS★」「幕ノ内」に加えて「仮面かめだぁー」が参加
仮面かめだぁーがGAPの曲をカバーして話題になった!動員は100人を
超えた入りとなった。


2004年4月 24日にGAP企画「MANIAC NIGHT VOL.W」が開催、
今回は出演バンドが入れ替わり「THE DGR」「Rosemary」が初参加
Uで出演した
「Jurassic Park」
を迎えて開催されMANIAC NIGHT
始まって以来の最大の動員で150人となった。
この日GAPはアンコールで初の全員パートチェンジを行ない
JUN=Vocal、MASA=Drums、SHARTO=Guitar、TOSHI=Bass
でRock And Roll All Niteを演奏した。
またこの日に新曲
「Lovin’ Each Other」も発表した。



2004年7月 24日に行われた企画は、プロバンド「BARAKA」との競演となった。
BARAKAの3人のメンバーは過去は近藤真彦、森高千里、工藤静香、
村上ポンタ秀一などとやっており現在は沢田研二のバックバンドや数々の
プロアーチストと仕事をしている凄腕の人たちである。
BARAKAもこれぞ完璧と言うほどのRock、プログレ、JAZZ等の要素を持った
素晴らしいバンドであった。そのバンドが千葉の競演バンドにGAPを選んで
くれた事はとてもありがたい事である。この日のLIVEもとても盛り上がり、
メンバー間の交流も深まり2005年1月に第2弾の企画が決定した。
ANGAからも定例のイベントにしましょうと話があった。


2004年11月 13日にGAP企画「MANIAC NIGHT VOL.X」が開催、
この日は初出場の「Aninal Cookie」を始めとして常連出演の
「★BOSS★」、「幕ノ内」
を迎えて開催されMANIAC NIGHT
初の全バンドメンバーでのセッション演奏を最後に行った。
この日の動員も前回同様150人近い入場となり盛り上がった。



2005年1月 29日にBARAKAの依知川氏と立ち上げたプロアマ合同プロジェクトの
BRU(Boso Rockers Union)のFirst LiveがANGAで行われ
GAP、BARAKA、JURAの昨年7月の初共演と同じ構成で開催された。
観客動員も150人近く入り素晴らしいSTARTを飾った!!
この日はトリのGAPのアンコール時に3バンドでのセッションが
行われ「Rock And Roll」と「Purple Haze」の2曲が演奏され
大盛況のLIVEとなった。

2005年5月 3〜5日にBRU企画の3Daysが行われる予定でGAPも5日のトリで出演する
予定だったが4月20日にMASAがひき逃げ事故に遭ってしまい出演が不可能
となってしまった為に「幕ノ内」に急遽出演してもらう事となり無事に3Daysを
終わることが出来たがMASAは6月現在まだリハビリ中!!

2005年8月





2005年11月
6日にGap企画の「MANIAC NIGHT Vol.Y」が開催され
1月以来7ヶ月ぶりのLIVEが行われ、MASAが無事に復帰した。
今回はMANIAC NIGHT初の3バンドでの企画となり初参加の
「Goods Talk」とおなじみの「★BOSS★」との1時間スペシャルと
してセッションも行い大盛況のLIVEとなった。

6日にはBRU Presents「BOSO ROCK Vol.9」に出演し
「ヒルタナユミと魅惑の東京サロン」
と共演しアンコールの「MORE」
では会場全体が大合唱で終わった。

2006年1月




2006年3月


2006年5月


2006年8月



2006年10月



1月29日にはBRU設立1周年記念LIVE「BOSO ROCK Vol.11」
が開催されBARAKAと3度目共演となりセッションでは「WishingWell」と
「Smoke On The Water」を演奏した


3月12日にには赤坂Funで「Fahrenheit」企画に出演し久しぶりの
東京LIVEを開催。


5月7日は「MANIAC NIGHT VOL.Z」「BARAKA」を招待しラストは
恒例の大セッション大会で盛り上がって終わった。

8月13日には「両国無双」で今年2回目の東京開催で
「ワンマン&セッション」企画を開催して多くのミュージシャンが参加した。


10月8日には「幕ノ内」企画の「Twist&Char対決」にオープニングアクトとして
出演しこの日はTOSHIが海外遠征で出演が出来なかった為、
BRUヴォーカリストの「大信田洋介」が参加した。
 

2007年5月


2007年12月



5月6日に開催された「MANIAC NIGHT Vol.[」で待望のCD発売を行い
LIVEもラストに全バンドで3曲もセッションをやり最高の盛り上がりとなった。
そしてこの日に久々の新曲で初のバラード曲「SLEEPING WITH」を発表した。

12月30日には「MANIAC NIGHT Vol.\」を開催し「BARAKA」招待して
「ROSEMARY」、「TYPHOON」と共にラストは全バンドでのセッションを3曲
行い年末を締めくくった。
この日は前回に続き「Premium」、「HACHA-MECHA」と新曲を2曲発表した。

2008年5月






2008年7月







2008年9月

5月3日に開催された毎年恒例になったANGAの設立記念Week企画に
「MANIAC NIGHT Vol.]を開催。
この日は「Bad News」「★BOSS★」が出演しアンコールではVol]に
ちなんでアンコールでは「X−Japan」「紅」のイントロを演奏し
「Radio Magic」で締めくくった。この日も120人の来場で盛り上がった。


7月5日は初の「BARAKA」との合同企画として
「The Session Party / Back To The ’70s」を開催。
出演の4バンドから9名と各バンドからの個人参加ミュージシャンが14名の
合計23名のミュージシャンによる’70sの曲を中心にセッションを8曲90分
行い懐かしい曲がたくさん聞けるLIVEとなり普段とは違うLIVEとなり
企画としては大成功のイベントとなった。

9月14日は、★BOSS★ Presentsに初めて出演。
この日は全曲オリジナルでのセットリストでのLIVEを行った。
 
2009年1月





2009年5月





2009年10月





2009年12月




1月11日はMANIAC NIGHT Vol.11を開催。
この日は全て1並びのおめでたい日として最高のスタートを切れた。
出演バンドも「BARAKA」「幕ノ内」「TYPHOON」と過去の
MANIAC NIGHTを盛り上げてくれたバンドに出演して頂き
ラストのセッションでは素晴らしい盛り上がりのイベントとなった。

5月6日は昨年開催したBARAKAとの共同企画の
「The Session Party Vol.2 / Back To The’70s〜80s」
を開催。20人のミュージシャンで11曲のセッションを行いJoke'd KISS
メンバーの参加もあり最後はWe Are The Worldを参加者全員で
演奏し盛り上がって締めくくった。

10月10日はSHARTOの50歳のBIRTHDAY企画として
「SHARTO50 〜BORN NITE〜」を開催した。
GAP企画にも出演してくれた「JURA」「THE DGR」「Joke'd KISS」
初登場の大学生バンド「She oh! too」が参加して盛り上げてくれた。
またこの日はSHARTO BANDを結成しSHARTOの好きな曲を披露した。

12月12日はMANIAC NIGHT Vo.12を開催。
この日は初登場の3バンドに出演頂き、ジャンルの違った個性溢れる
LIVEとなった。平均年齢20代のTRAVEに対して他の3バンドの
平均年齢は全て40代とGENERATION GAPな日となった。

2010年5月 2010年度は結成20周年であり5月8日に10周年のROSEMARY
15周年のTHE DGRと共に『THE MEMORIAL』とのタイトルで
合同記念LIVEを実施した。
この日はGAPオリジナル4曲をメドレーにしてカバー曲もメドレーで
披露した。また、アコースチックコーナーでは『SLEEPING WITH』
『Catch The Rainbow』をアコースチックVersionで行いJUNが
EXTREMEの『MORE THAN WORDS』を歌いTOSHIもギターを弾き
フルアコースチックでの楽曲を行なった。

2011年8月










2011年10月
2010年5月の20周年記念ライブから1年3ヶ月振りでライブを開催!
GAP Presents MANIAC NIGHT Vol.13としてMASAの友人達で
結成され3ヶ月前にデビューライブを行ったL And Eが参加して、
2回目とは思えない纏まりと盛り上がりを見せたステージを開催。
2バンド目は★BOSS★とRosemaryとはジョイントを行っている
SIDE-B BANDに初出演して頂き、素晴らしい演奏力での
SOUL&FUNKで観客を魅了した。そして3バンド目は3年振りの
共演となる★BOSS★が出演。MASAは2バンド掛け持ちで出場!
130人の来場となりとても盛り上がるライブとなった。


15日はRosemary Presents HAPPY NIGHT Vol.5に出演!
Rosemaryとは昨年の20周年ライブ以来で通算4回目の共演であり
他にサディスチック姫バンドCandy Popsと全て女性ヴォーカルの
中GENERATION GAPだけが異色の出演だったがLIVEはとても
盛り上がる内容だった!

2012年5月 2012年のスターとライブはほぼ近年毎年出演している5月の
ANGA記念WEEKでのGAP Presents MANIAC NIGHT Vol.14
して幕ノ内とANGAのPA担当の岡本氏が在籍しているMighty Boys
ALICEのトリビュートバンドのChibAliceとの4バンド構成で開催した。
ラストはManiac Night恒例のセッションを行いZIGGYのGLORIA
MASA&TOSHIと幕ノ内のSEIちゃんとTONYで行い、ChibAliceの
メンバーと幕ノ内Kacchan&社長とGAPのJUNとSHARTOでZEPの
Rock And Rollでライブを締めくくった。この日も100人以上の動員が
あり盛り上がったライブとなった。

2013年2月







2013年5月
2013年は2月23日の3年ぶりのバンド形式でのBRU Presents
BOSO ROCK の記念すべき30回目のライブにJURA、幕ノ内など
発足当時に出演していたバンドが出演し、メインゲストとして
BARAKAの依知川伸一さん、ゴダイゴの浅野孝巳さんと
村上ポンタ秀一さん
が3ピースユニットを結成して出演した。
ポンタさんを観に多くのドラマーが集まった日でもあった。



5月5日は15回目となるMANIAC NIGHT Vol.15を開催。
Rosemary&BOSSに参加している花ちゃんのTo-be'sが7年ぶりの
ライブとして出演頂き、メジャーデビューした小田和正カバーで有名な
JUNK-TION、暗中模索のドラマーのMIYUKIさんが加入している
Cook Do with 回鍋肉と2つのプロミュージシャンが加入しているバンドに
参加して頂いたことで盛り上がるライブとなった。

2016年4月 4月9日はANGA企画のWoodford Reserveに出演。
3年ぶりのライブとなり多くのお客様がご来場され大盛況となった。
WILD-GさんとSLUM ROSEさんとの共演となりトリでGAPが出演した。
メール アイコン
メールはこちらへ
トップ アイコン
トップページヘ


五線譜1